MENU

マッサージ中の「良い痛み」「悪い痛み」とは?

シミウスホワイトニングリフトケアジェルでマッサージをする際、痛みを感じることがあります。

 

マッサージ中の痛みの種類は、「良い痛み」と「悪い痛み」の2種類あります。

 

良い痛みの場合は、今まで通りマッサージを続けて頂いて構いません。

 

しかし痛い痛みの場合は、シミウスジェルでのマッサージ方法を変えなければなりません。

 

では良い痛みとは、どんな痛みでしょうか?マッサージをしていると、コリコリとした場所があり、鈍い痛みや、痛いけれど気持ちいいという痛みを感じることがあります。

 

これはその場所が凝っているという疑いがあります。

 

すぐに消えることはありませんが、毎日少しずつマッサージすることで、改善されます。

 

マッサージを通してコリをほぐし、老廃物を流すことで、血行が良くなります。

 

このコリは、まさに肩こりと同じようなものなのです。

 

しかし一つ気を付けなければならないことがあります。

 

それは力を入れてグリグリとマッサージしないということです。

 

力強くマッサージをすると、シミやシワ、たるみを引き起こしてしまいます。

 

毎日地道に、何よりも優しくマッサージすることが大切なのです。

 

一方、悪い痛みとは、どんな痛みなのでしょうか?これには2つの原因が考えられます。

 

1つ目は「ジェルの量が少なすぎるため、摩擦が起きている」からです。

 

摩擦はシミの原因になります。

 

お手入れガイドの適量を参考にして、正しい分量でマッサージを行ってください。

 

また乾燥肌の方は、皮脂量の分泌が多い方や、潤い肌の方よりも摩擦の刺激を受けやすくなっています。

 

乾燥肌の方は、目安よりも多めのジェル使うことをお勧めします。

 

そして2つ目の原因は「力強くマッサージしすぎている」からです。

 

前述のように、力強いマッサージは、様々な肌トラブルを引き起こします。

 

痛気持ちいいという力加減を目安にしましょう。

 

お肌の弱い方は、「痛気持ちいい」よりも力を弱めた「気持ちいい」くらいの加減で、マッサージをしてください。

 

理想のお肌を目指して、頑張りましょうね。

 

 

→限定プレゼント有りでシミウスをお試しされる場合はこちらからどうぞ